共同検査事業

  • HOME »
  • 共同検査事業

共同検査事業

共同検査事業では排出ガス試験、加速走行騒音試験の同型枠の取扱いを行っています。組合員になると共同検査事業(排出ガス試験、加速走行騒音試験の同型枠の相互利用)がご利用いただけ、独自で検査されるよりも費用削減と時間短縮が望めます。

組合加入で倍お得!
並行輸入に掛かるコストとリスクを削減できます!
独自試験 共同検査事業
排出ガス試験 10台枠 20台枠※工場出荷時無改造などの諸要件を満たした場合
加速走行騒音試験 30台枠 60台枠※工場出荷時無改造などの諸要件を満たした場合
同型枠の利用
(排出ガス/加速騒音)
通関証明書の輸入者が試験車両と同一の輸入者でなければならない 通関証明書の輸入者が組合員であれば利用可能
同型枠がない、もしくは10台枠を使い切った場合、試験をしなければならない 他の組合員の同型枠があれば試験をせずに同型枠利用可能
通関証明書の原本を試験機関に提示しなければならない 通関証明書のコピーをFAIAにFAXで可能
ディーゼル乗用車の輸入に朗報!
ガソリン乗用車同様に20台枠が適用になりました!

2015年7月よりディーゼル車の排出ガス試験も工場出荷時無改造、JC08モードで合格などの諸要件を満たした場合、20台枠の取扱いになりました。詳細は自動車検査独立行政法人の審査事務規程の第67次改正の261~262ページをご参照ください。

 

組合員は重量車の輸入もお得!
ブレーキ成績表がレンタルいただけます!

ハマーなどの重量車の場合、ブレーキ制動試験が必要な場合がありますが、組合員になれば試験を行うよりはるかに低料金にて成績表の貸出しも行っております。取扱い車種についてはお問合せ下さい。

PAGETOP
copyright(c) Foreign Automobile Importers Association, All rights reserved